MENU

妊活サービス ”Peak” について

私たちは、妊活する女性の負担を軽減すべく、これまで850名以上の方にヒアリングを行い、妊活サービスの開発に取り組んでいます。

ヒアリングを重ねた中で、2つの大きな課題を見つけました。
それは、

  • 生理不順等の理由もあり排卵日の予測が難しく、正しくタイミングがとれているのか分からず不安・・
  • 通院をしたくても、仕事の調整が難しく適切なタイミングで通院が出来ない

ということ。

※アンケート実施方法
実施期間:2021年10月〜2022年11月
対象者:妊活をされたこと、検討したことがある男女
収集方法:アンケート、オンラインインタビュー

生理不順

排卵日予測

通院スケジュール調整

生理不順などで、排卵日の予測が難しく、自己流のタイミング法をなんとなく続けてしまったり、病院に通っても仕事や時間の調整が出来ず排卵周期を逃してしまったり、多くの方が負担や不安を感じながら妊活を行っている現状が見えてきました。

このようなお悩みを解決するために、私たちPeakは下記のようなサービス提供を考えています。

  • 予測アプリや排卵日検査薬での判断が難しい方へ新しい排卵日予測の方法を増やす
  • 自宅で卵胞チェックを好きな時に行うことができる

現在検討中の
自宅で排卵日チェック・予測をする新しい妊活サービス

  • 「排卵日があっているのか不安」
  • 「仕事で通院の時間が確保できない・調整が難しい」

自身のタイミングで、そして自宅で経腟エコー検査ができるようになれば、この2つの悩みが改善されるのではないかと考えています。

病院で使用する経膣エコーは、卵胞の大きさを計測し、排卵日を予測しています。

一般的に妊活に取り組む女性が行っている排卵日予測方法と比較し、エコーを使用した場合、画像を通じて実際に”卵胞”があることが確認できるメリットがあります。

その為、タイミングを把握する上で信頼度が高いと言えるのではないかと考えています。

自宅での排卵日の確認方法

一般的に排卵日前日には、卵胞の大きさが20㎜前後になると言われています。

妊活をスタートして産婦人科に通い、タイミング法を行う場合、医師に経膣エコーで卵胞サイズの計測をしてもらいます。
卵胞サイズが20mm前後に育ったことを確認し、タイミングを指導してもらいます。

まだサービス開発段階ではありますが、もし自宅で経膣エコーを自分で使用し、卵胞サイズの計測ができるようになれば、空いている時間に卵胞を確認しタイミングを予測することが出来るようになります。

サービス開発後は、こんな人にPeakを届けたい

  • 妊活を初めて2,3か月経って、「あれ?意外と妊娠しない」と不安を感じ始めた
  • 生理不順でタイミングを取るべき日が分からない
  • タイミングを取るための通院と、仕事の両立が難しいと感じている
  • 一般的な排卵日予測方法での判断が難しく、他の選択肢を探している

こんな方にサービスを届けていきたいと考えています。

Peakの開発にご意見・ご協力ください

様々なライフスタイルがある中、女性が「自分で」「自宅で」できる新しい妊活のカタチを模索しています。

私たちのサービス”Peak”の開発に、ご意見・ご協力頂ける方を募集しています。

Peakの公式LINEのお友達登録をお願いします。

現在検討中の”自宅でできる卵胞測定エコー”についてどう思われるか、現在の妊活のお悩みポイントは何か、ご意見お聞かせください。

※アンケート実施方法
実施期間:2023/10/01(土)~2023/11/22(水)
対象者:妊活をされたこと、検討したことがある方
収集方法:オンラインでのアンケート(Google Form)

注意事項

  • Peakは現在研究・開発中のサービスであり、Peakの公式LINEのお友達登録により、実際のサービス開始・提供を保証するものではありません。
  • Peakの公式LINEのお友達登録はご本人(未成年者は除く)による1回限りの登録とさせていただきます。
  • 想定しているサービスの内容は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。